スポンサーサイト    --/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映像は古いんだけどVOLAの画像はあんまりないので。


new audiogramサイトHP↓


http://www.newaudiogram.com/premium/na01_3/


VOLA & THE ORIENTAL MACHINE SETLIST
01. ORIENTAL MACHINE
02. SELF DEFENSE
03. Principle of machine
04. FOOD'S NEXT
05. DOUBLE STANDARD
06. comeback in darkness
07. Mexico Pub
08. A communication refusal desire
09. Song of Ruin
-ENCORE-
10. The counterattack of the dreamer(夢見人の逆襲)


平日のせいか集客少なし・・と思いきや


とりのVOLAの時にはかなり埋まってました


客層が若い!!!なんでこんなに若いの??って思う位若い女の子たちばっかり。


高校生とかさ。ナンバガやZAZENの時の客層とは大違い。


ひとりでクアトロに乗り込んでいったら


ひとりで見に来ている女の子と話があって始まるまで色々話した


VOLAファンだという彼女は


VOLAとSyrup16gのツアーで初めて見て以来スキになったとのこと。


なんか嬉しいね~


 


今日のLIVEは裕さんがノリノリ♪


かっこいいギタリストだと思っていたが もう釘付けになる位


なんだ!?これ めちゃめちゃカッコヨス!!


テンションあがったときの裕さんの弾き方は必見!


 


アヒトは どんどん細っこくなっていきます


ナンバガ初期の頃も大分痩せていたけどそんな感じ。


毎回思うんだけど LIVEで Mexico Pub の


カウベル連打を もっとくっきりはっきり聴きたい。


にしても、やはり アヒトのDrが見れるのはシアワセです!


もう手首のスナッピーとか腕の振り方とか叩き方とか・・・。


とにかく アヒトのDr音はかなり中毒性高いです。


確か・・・Mexico Pubだったか???


こないだのVOLAPOLYROCALSのときと同じアレンジをしてるんだけど


アヒトはエレクトロを背に回して


曲の最後の方で チャイナと電子Drを ッターン ッターン と叩く


これが LIVEの中で一番好きなシーンです


 


今日のLIVEは 


インストから始まり、続いてDrに曲がかぶさってくるようなつなげ方


だったけど いまいち かみ合ってなかった


けど そんな事も忘れさせるいいLIVEでした


2曲目 5曲目がまだ音源が出ていませんー


5曲目のダブルスタンダードは volapolyでやっていたが


更に完成度が高くなってかっこよくなっていました


 


でも欲をいうなら もっともっと はっちゃけたLIVEをして欲しい。


volapolyといい 何かどことなく丁寧なLIVEな気がするので。


 


ROCK IN JAPANの時位暴れるLIVEをして下さい!!


 


次回myLIVE観戦予定は12月9日仙台マカナで 8ottoのワンマンだぁーい♪

スポンサーサイト

久し振りに ヨイ映像発見!


2001年8月29日 騒やかな群像ツアーでの 2回目のアンコール。


むかいさんは しょっちゅう弦を切っていた記憶があるけど


この映像はヤバイです。


しょっぱなから 切れ 最終的に 2本になります。笑


それでも アルペジオを乗り切る!!シメも乗り切る!


そんな むかいさんを見て ちゃこちゃんは フフッと笑う。


なかなか 楽しい映像です。いろんな意味で。


m-d


メロディー泥棒&ビート刑事


Live at hibya Yoyogi Ongakudou 2007..5.20


Disc.1(CD)


1.ウララ


2.まぼろしFOREVER


3.DANCE QUEEN


4.パーフェクトソング


5.ヒビヤ


6.CHOCO


7.ロックとハニー


8.平凡ギャング


9.トーキョウバレリーナ


10.ピース


11.ばかやろう


12.ミーハーHer


13.POGO


 


 Disc 2(DVD)


1.リトルガーデン


2.サンク


3.Ghost Town


4.THE CLUB


5.ばかやろう


6.APOLLO


 


2007.09.26 


新しいDrの梶山さんの初の音源ではないでしょうか・・・☆


梶山さんのドラムになってから 半端なくスパローに はまってます


なんつうか いままでは パスーンパスーンみたいな安部コウセイいわくペライDrだった


それはそれで スパローがこだわってきた部分らしいが・・・。


梶山さんのDrには 私は全く持ってペラサを感じない。


梶山さんの鋭い突き刺すようなDrの魅力に はまったか、アベコウセイ。


梶山さんが暫くサポートしていて、ある日夜中にアベコウセイは思い立って


チャリンコでカンナナをぶっちぎって何時間かかけて梶山宅にいって


メンバー申請を申し込む。


すごい熱のいれようだと 思った。


だけど 納得。


梶山さんのDrになって スパローの音がはっきりした気がする


アベコウセイのVoもミツヒロのBaもシンチャンのGrも 結構はっきりくっきりしているからさ


やはり Drもはっきりくっきりしないと 全部が ぼやける


いや 以前のスパローも すきです あしからず・・。


なんか 一人変わっただけなのにこの変わりようはすごい。


ZAZENも そうだけど Dr が変わると バンドが違うバンドになった気がする


つづき じゃなくて 新生。


Dr って重要なんだね・・・。 ほぉ。


 


おすすめ は 8曲目 平凡ギャング


 


これ やばいよー


書いときな~


ベースが 前ベースより 変態


敦のドラムも 第Ⅱ期より ZAZENbeats になじんでる


なんか いい。


全体的に向井さんのmusicはヘンタイ

P-MODEL ~VIRTUAL LIVE-1~    10/13/2007

 virtual


P-MODEL


VIRTUAL LIVE-1 [P-MODEL Live at Roppongi S-KEN Studio 1979]


1.ルームランナー


2.サンシャイン・シティー


3.MOMO色トリック


4.ホワイト・シガレット


5.偉大なる頭脳


6.KAMEARI POP


7.美術館で会った人だろ


8.ヘルス・エンジェル


9.子供たちどうも


10.アート・ブラインド


 


これは実は3枚あります(1.2.3と。)


POLYSICSから派生して聞き始めました


なかなかヤバイかっこいーんだコレが


はまりはじめているところです。


偉大なる頭脳・美術館で会った人だろ はPOLYSICSがコピーしていますね~


比較してみるとポリのはエレクトロポップというより 少し今時 というか、だいぶROCK味がします


P-MODELは完全にピコピコいってます テクノです ピコピコ ピコピコ


本物はやはり カッコイイ


つうか、1979年にはまだ私は生まれていません


私が生まれる前の日本のNHKでこんな放送が・・・。


P-MODEL 美術館で会った人だろ ↓



偉大なる頭脳も P-MODELの方は大分コキコキしてるというか


Voも大分変な発音で気になるとか思っていたらいつのまにかそこに はまってしまった。スポンと。


つうか、このCDは だいぶアタリでした


この上の動画しか知らなくて買ったんだけど 全部ヨイ!!!


この映像だとかなりP-MODELが若いときのやつみたいなんだけど


おいらが買った上記のCDは結成20周年のLIVEの音源なんですが


声が素敵すぎることになってます


つうか、ポリより ピコピコしていて断然テクノっぽい


CDの美術館で会った人だろは マジ音がヤバイ・・・


ひぃぃ~


まじ かっこええ・・・ だいぶ このCDはリピートで聞けます


あぁ、このかっこよさはどう伝えればいいのでしょう


うぅぅぅぅ・・・ おなか いっぱ~~~い♪

ZAZEN BOYS初期メンバーのLIVE映像で


めちゃめちゃかっこいくて即死寸前映像ハッケンしましたー。


おつおつ


この映像たちは必見です。



 ↓ 私は アヒト・イナザワ をリスペクトしています。大好きです。


んで、この映像には3曲入っていますが、1・3曲目のアヒトが マジ神ですっ!


1曲目cold beat  2曲目 tanuki 3曲目 maboroshi in my blood


もう ドラムが凄すぎて美しすぎて惚れ惚れして誰かに教えてあげたくなってかっこいーーー!って叫びたくなって目が釘付けになりました。


昔アヒトが自分のドラムで歌えるのはむかいさん位だって言ってたのを思いだした。


これを聞いているとスゴイドラムラインに唄のっけてんなーと関心します。



まあ、色々メンバーも変わって今はこの頃のBaもDrも抜けてしまっていますね。


私は むかいさんのビートにはアヒトのが合ってるんじゃないかなって思ったりします。これをみているとね。


松下さんのドラムはアヒトと違いすぎます。あそこまでいくと本当にドラマーによって音ってかわるんだなーと実感します。


スゴイ重いずっしりとしたドラムでそれはそれでかっこいい。


まあ、曲によって合う合わないはあります。


 

cow


『C.O.W.〈CHECK OUT WORLD〉』







コロムビア/トライアド
COCP-51-46 ¥2,940 (WITH TAX)


1.INTRODUCTION
2.Bad Summer Day Blues
3.INTER LUDE#1
4.L.O.V.E.
5.ルルル
6.パーティーは続くよ
7.Young Lust
8.INTER LUDE#2
9.エンゲルロージー
10.Lost In the City
11.PERFECT
12.ハラヒレ
13.18(eighteen)
14.SLOW PLAY




いよいよ 明日 10月3日 発売です!


モモさんとふじたさんの魂のぶつかり合い!!!


当人たちいわく 始めの頃のような鋭さがあるとか・・・。


今回のアルバムはドラムのふじたさんのやりたいようにやったとかで。


それに負けずとモモさんと武井さんが挑む!!!!


絶対 聴きたいし!!!


スーパーナイスとかロッキンとかかっこいんだけど始めの頃のギンギンした感じがないから


久し振りに焦燥ROCK的なもんが聴けるのか?さらに新しいのか??


かなり期待していますっ!!


はやく 欲しいっ!!!!!!!!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。